前へ
次へ

世界の中で日本食が健康食と言われる理由

人が生活しているところにおいてはそれぞれで食文化があります。
日本においても北海道から沖縄まで共通の食文化もあればそれぞれの地域独特のものもあるでしょう。
ただ世界から見ると日本食は一つに見えるのでしょうし、代表的な料理を日本食と考えているかもしれません。
日本においては欧米の食文化がどんどん取り入れられ、それによって日本人の体形も大きくなってきたとされています。
一方で欧米人がなりやすい病気が増えてきているのも問題で、欧米の食文化が少なからず影響しているのかもしれません。
日本と欧米の交流が進むにつれて日本食が欧米で認識され、自国の食事に比べて健康食であるとの認識があるようです。
自国の食事を食べて病気がちだった人達がどんどん日本食を取り入れるようになっています。
ではなぜ日本食が欧米の食事よりも良いとされるのかです。
日本人も最近は自国の料理である日本食よりも欧米からのファストフードを利用することが多くなっていて、今一度日本料理のことを考える必要があるでしょう。

屋外用調理器具ならアウトドア専門ショップ

サポート付きで東京での飲食店の経営に活用できるアプリを提案!
飲食店に特化したプランナーがデータ分析を代行し、効果改善のためのアドバイスなどをしてくれるので店舗の売り上げアップが期待できます。

https://www.higosyokuhin.com/
冷めても美味しく食べられるいきなり団子です

舞昆のこうはら こだわり昆布のお取り寄せはこちら

温かい状態でお届け船場弁当

日本食が健康食と言われる点において、まずは肉よりも魚をよく食べることが上げられるかもしれません。
海外においても日本食のお寿司や刺身が人気とされ、それまで生で魚を食べる習慣がなかった地域でも食べられるようになりました。
それ以外には味付けがありそうです。
海外においては塩や胡椒、その他スパイスなどを用いた濃いめの味つけが多そうです。
特に肉料理はそのままだと臭みがあるため、調味料をたくさん使って臭みを消す必要がありました。
日本食ではだしを中心とした比較的薄めの味付けが多くなっています。
元々臭みの少ない野菜や魚を中心としていて、薄味でも美味しく食べられるものが多くなっています。
油をあまり使わないことも特徴かもしれません。
欧米の料理は加熱調理などで油をよく使い、動物性の脂などを用いた料理もあります。
日本料理は風味付けとしてごま油などを使うことがあってもたくさん使うことはありません。
動物性の脂も使わないのでヘルシーになりやすいです。

Page Top